Acrobat Pro DC環境の問題


10月に入りAcrobat Pro DC環境でTetra4D Converterをご利用されている
ユーザ様よりCADを変換する際にAcrobat Proが強制終了してしまうお問い合わせが入っております。

弊社、Acrobat Pro DC環境のTetra4D Converterで問題の検証を行いました。
(自動アップデートの設定を解除した数カ月前のバージョンです。)
この状態で変換を試しましたが問題なく変換を行うことが出来ました。

次にヘルプの「アップデータの有無の確認」で最新の状態にアップデート(数回実地)
最新の状態で変換を試すと「Adobe Acrobat DCは動作を停止しました」が表示され
強制終了されることを確認しました。

以上のことから今回の問題はAcrobat Pro DCのアップデートが
関係しているようです。(Acrobat Pro 2017では問題は起きていません。)

開発元の仏TechSoft3D社へ問題の報告と修正を依頼しました。
開発元より連絡があり日本語環境で起きている問題のようで
priority 1で対応するとのことでした。

【現状の3D PDF変換について】


Tetra4D Reviewerの起動と変換および3D PDF書出しは問題なく動作しましたので
お手数ですが問題解決まではスタートメニューの【TehcSoft3Dフォルダ】から
Tetra4D Reviewerを単独で起動できますのでReviewerで3D CADファイルを開いて
書出しでファイルの種類をPDFで書き出してください。(32bit環境のPCは不可)

またはAcrobat Pro DCを再インストール、編集の環境設定、分類のアップデータを
選択して自動アップデートのチェックを外してTetra4D ConverterとReviewerを
再インストールしてご利用ください。

 

※有効なメンテナンス&サポート契約をお持ちの方には、修正版がリリースされ

 ましたら、ライセンスご登録者様へメールにてご案内いたします。

 (Tetra4D Converter 2018 SP2で修正されます。)

 


Tetra4D Converter Bundleの有効なメンテナンス&サポートご契約をお持ちの方は

Tetra4D Converter Bundleの有効なメンテナンス&サポート契約をお持ちの方で

Acrobat Pro 2017へバージョンアップを行っていらっしゃらない場合、ライセン

スのご登録者様より弊社サポートまでライセンス申請を行っていただけましたら

Acrobat Pro 2017のライセンスを発行してお送りします。

 

サポートサービス:tetra4d_support@smart-group.co.jp
件名:Tetra4D Converter 2018およびAcrobat Pro 2017ライセンス申請
有効なサポートご契約番号:
会社名:
ご登録者名:

以上、よろしくお願いします。